萩と子規忌そして秋の声

89D369AC-C2F3-47CD-8A4D-1992A9E95795.jpeg



やっとと安堵のため息がでます


秋のお彼岸が終わったらやはり暑さがゆるび、秋が忍び寄って来てくれました。


俳句も絵の教室も動き出しました。夏風邪も引きましたが何とか出歩く元気が出てきました。


絵は練習用にF4の半分くらいに小さいものを描いてみました。


俳句は萩を観に東光寺へ、万博公園の日本庭園へと秋を感じに吟行をしました。


駄句なのに読んで下さる方がおられるのを励みに又、披露させて頂きます。



1️⃣ 子規の句碑讃ふる如く萩盛る



2️⃣ 萩盛る由緒の寺に子規祀る



3️⃣ 菩提樹の注連(しめ)真っさらや彼岸寺



4️⃣ 健啖を謝して子規忌に集いけり9C17FF2E-39D8-4504-A04F-E166402E3B40.jpegv>


5️⃣ しほからのへの字の不動杭の先



6️⃣ モノレール中空の秋すべり行く



7️⃣ 太陽の塔の背負える秋の空





写真は万博公園に咲いていたスイレン三色です。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヒネモスノタリ
2019年09月28日 00:37
私も上野公園のほとりにある子規の碑を
美術館帰りに見てきました。
お作品にあるホワイトマッシュルームは
今日バター炒めにして食べました。唐辛子といえば
観賞用の小さい実がいっぱいある鉢植えを買ったら
1か月以上元気でで楽しんでいます。
2019年09月29日 14:43
ヒネモスさん、コメント有難うございました。
色色と頑張っておられる様ですね。
動ける事に感謝です。