山眠る 冬景色

3D684F69-8B35-49A6-8DB5-5EDABDFA28AE.jpeg


さあ、冬到来とばかりに

今日は少し冷えましたね。ラジオ体操に朝出かける時生駒山が一段とさびれた感じです。

こういう時期を「山眠る」といいます。

上の写真は公園にある「ツノナス」というブラジル産の植物なのですが、誰が描いたか目鼻のシールが貼ってあったり
顔が描いてあったり!!可愛いので思わず撮りました。

多分女の子がしたのでしょう。こんなイタズラは許されると思います。


さて、俳句の方では、月に一度兼題と言ってお題が出て、締切までに五句ネットに打ち込みます。

今月は「神の旅」と「冬菜」でした。

「神の旅」は、十一月に全国の神社の神様が、出雲に集まるという謂れがありそれをいうのです。
だから日本中の神社は「神の留守」になるので神無月と詠むのですが、出雲地方だけは神有月と詠むそうです。

抽象的な季語ですね。捻り出した五句を掲出します。


1️⃣ 正式に長き遥拝神の留守


2️⃣ 鰐口の音くぐもりて神の留守


3️⃣ 一村を見下ろす宮居神の留守


4️⃣ 風神と鳥居をくぐり神の旅


5️⃣ 虫喰いの葉の散らかりし冬菜市

きさらぎ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nako
2019年12月02日 01:02
ラジオ体操頑張ってるのね。ツノナス、可愛い。
2019年12月02日 21:00
nakoさん、コメントありがとう!
寒くなってきたね。身体無理せずにね。 きさらぎ