三寒四温

3D00E014-1CB0-45CC-94DD-D9EFD016D930.jpeg


春の音や光りが楽しみになって来ると

季節の変わり目を楽しみにしていましたら、ウィルスの到来で世界中が右往左往しています。

テレビを見るのは最低限にし、街には用が無ければ出ない事にし毎日をやり過ごしています。

早く収拾がつくことを祈るばかりです。

近所に咲いている水仙を写真から描いてみました。

下地のぼかしが上手くいってませんが出品作が少ないのでUPします。


皆さまどうぞ外出時のマスクお忘れなく!

明日は姉と姪と私のお誕生日が、1月、2月、3月と続くので「早生まれ会」と名付けて食事を囲みます。

プレゼントに添えるカードを手作りしました。


F64F2449-BBD9-4798-BE9B-43229F3292D8.jpeg





鷽替えの行事    

BA165E1D-87D4-4738-8A2D-6459D14E022E.jpeg


だんだんと日が永くなるとは言え

まだ春の日差しは感じられず今日などは一番の冷え込みの1日でした。

テーマの「鷽替えの行事」とは、神社で行われる一月の催しで、下の写真の様な小さいお札をもらいます。

これは無料で頂きます。それを周りの人と「換えましょう、換えましょう、嘘を誠に換えましょう」と言いながら

そばの人とどんどん換えていくのです。

多分神社には百人以上集まって居ましたが、右往左往しながらなるべく早く多くの人と代えます。

去年一年についた嘘や悪しき思いをどんどん良いものに変えるとの意味合いなのです。

神官のヤメの合図で札を開けて、金と銀の模様が出れば縁起ものの何かを頂きます。

車椅子の方や子供さんも参加して賑やかです。

こんな行事も日本固有の古来からのもの、素朴な市民の願かけなのですね。なくならないで欲しいと思います。


1️⃣ 鷽替て何やらすがし空蒼し

2️⃣ 神官の口上真似て鷽替える

3️⃣ 献上の梅はやばやとほころびぬ

4E09B636-030B-4486-8E59-54E1F1FF7DFC.jpeg





松過ぎて

4466E634-3532-4161-A576-807B9B1EC87F.jpeg

早くも松がとれて

各地でとんどが行われ、しめ縄を燃やしたり初神楽の舞があったり、、、、と。

日本の季節毎の行事は神社仏閣では連綿と受け継がれていて俳句仲間はその行事を追い掛けて

うごきます。

花を追いかけ、催しを追いかけ俳人は忙しい事ですが、だから元気でいたいと思うのでしょうか?

東大阪市にある石切神社へでかけました。

とんどを見たかったのですが、前日に終わりその代わりに「湯神楽」という神事が行われていて、面白く見学出来ました。

神主と巫女が神前で大釜の湯をたぎらせ浄めの神楽を舞い、塩と米と酒を釜に入れ神様に奉納します。

そのあと、笹で湯を四方に撒き散らせ浄めます。

結構な湯量が飛んで来て前の方に居る人はタオルで頭を覆っていました。

それもご利益!!     一年を無事にとのご神事でした。

絵は、炬燵で描けるものをとヒヤシンスをしかも、楽に色鉛筆で!

プレバトなら才能なし!!!の絵ですね。


雪景色

B938A377-FFCA-4ECC-B3D6-1CEB90EB2768.jpeg

去年の教室の課題をやっと仕上げました。

大内宿の写真からのモチーフです。雪でも白く残すだけではなくニュアンスをつけるのが難しいですね。

やっとコタツから這い出した記念としてUPしました。

今年は小さいサイズで静物とか花を描いたりしていこうと思います。

今日は午前中吹き降りの雨!午後からは突風で荒れ模様です。

皆さま、風邪などに気を付けてお過ごし下さい。

令和のお正月

B4E30485-22F9-4CB1-ADC3-5A90DED0D94D.jpeg


明けましておめでとうございます㊗️

穏やかに晴れた新年を迎えて今年は日本も世界も平和であれとひとしお感じました。

今年は息子の移住先丹波市に一家が揃いました。

朝早く起きて一人で近所を散策しました。山に囲まれた盆地ですから自然現象もいつもと違う!!

寒いと言うことを除けばとても良い所です

句材は豊富ですが、拾い切れないもどかしさも感じました。でも、少しご披露読み捨ててくださいませ。

そうそう、コメントどうしたらはいるの?と聞いて下さる方がおられるのでお答えしますと、、

アドレスとか名前の枠には何も入れずその下部のコメントという枠の中に直接メッセージを入れると入ります。
ただ、ハンドルネームを入れて頂かないとどなたかが分かりません。初めての方は「初めまして、、、」とコメントして下さると嬉しいです。


1️⃣ 尖る山何処にもなくて初景色


2️⃣ 霜踏めば刺さる感触靴の裏


3️⃣ 初かすみ日の差すまでの白さかな


4️⃣ 霜踏みしより鋭利なる音となる


5️⃣ 産土の社の幣(ぬさ)の淑気かな


6️⃣ 持ち寄りのおせちも並び宴始む


7️⃣ 子や孫の進み行く道初御空

                             きさらぎ